ウクレレ フレンズ クラブのご紹介  (ポスター参照)

想い起こせば『ウクレレ・フレンズクラブ』をスタートしたのは2009年の夏に友人がハワイ旅行に行ってウクレレを買って来たことが最初のきっかけだったと思います。

ある日、その友人から「誰かウクレレを教えてくれる先生知らない?」と尋ねられたので、私はその友人の願いを何とか叶えてあげたいという思いから、ギタリストでもある私は「ウクレレくらいなら僕が教えてあげられるよ」と安請け合いしたのが、そもそもの始まりだったのではないかと振り返ります。

でも、実を言うと私のウクレレについての知識というと、高校生の頃に流行っていた加山雄三さんの『お嫁においで』を少し弾いたことがあったくらいで、その時は「ウクレレって弾き語りが簡単にできて面白い楽器だな?」と言うくらいには感じていましたが、それ以外の詳しいことは殆ど知りませんでした。

なので、それからウクレレに関する教則本を何冊も買って来てDVDなどで猛勉強し、ネットでもウクレレのいろんな事柄を学びながらギターの弾き語りの応用でウクレレの指導ができるようにレッスン用のテキストを作成して準備を進めていた丁度その頃に、幸運にもジェイク・シマブクロ氏が来日ツアーで長崎に来るというポスターを見たんです。そこで私は、彼がウクレレブームの波を運んで来てくれるのではないかと直感しましたね。

そこで、翌年の年明けから始めようと計画していた予定を急遽早めて、あのハワイ帰りの友人が誘って来た6名の皆さんと一緒に2009年11月2日から

(  最初の名称 :  ビギナーズ・エンジョイ・ウクレレスクール )をスタートしたというわけです。

その後、当初の狭いレッスンルームから 2013年6月12日に[西地区コミュニティーセンター]へ移転し『ウクレレ・フレンズクラブ』と改名することになりました。

そして更に、南部地域の皆さんの要望で2016年4月2日より[広田地区コミュニティーセンター]でウクレレ・ファンクラブを新たにスタートしました。

振り返れば、あれから様々な人との出会いと紆余曲折ありましたが「多くの皆様に笑顔になっていただきたい」と言う基本理念のもと、冬もアロハシャツで一日も休まずやってまいりましたが早いものでやがて13年目を迎えることになります。

お陰様で、会員の皆様方の温かい笑顔に支えられながら、毎回あの手この手で楽しいウクレレタイムになるように努めています。そして和気藹々とした雰囲気の中で私自身も皆様から元気をいただいて若さと健康を保てており、いつもいっぱい感謝しています。

今、私の願いは、私自身が体感してきたウクレレの魅力と楽しさを皆さんにもしっかり習得して頂き、将来的にご自身の一生涯の宝物としてウクレレを末永く愉しんでいただきたいと言う思いです。

このクラブはこれからも、単なるウクレレ教室と言うだけでなく、当初より目標としていた会員同士がウクレレを通じて親しく友情を育み『心から楽しめる憩いと親睦の集い』へと発展して行けますように尽力して参りたいと考えていますので皆さん宜しくお願いいたします。    KEIRI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です