ウクレレを愉しむためには

ウクレレ・フレンズクラブの会員の皆さんは、殆ど今までに楽器と言うものを奏でた経験が無かったと言う方々ばかりです。

でも、体験レッスンに来て、約一時間半くらいの間に、少なくとも1曲ないし4曲は弾けるようになって帰って行かれますよ。

これまで、楽器というものを弾いたことの無かった方にとってワクワクする夢のような瞬間ではないかと思います。

今まで、ピアノやギターなどの楽器を楽しそうに演奏している人を羨ましく感じていた自分がもう視界の外へ消えてしまったような感覚ではないでしょうか。

そうです、あなたは今日からウクレレという魅力的な楽器を弾ける人になったのです

あとは、ウクレレと仲良しになってみんなと一緒に楽しみながらテキストに沿ってレパートリーを増やして行けば自動的に上達して行きますよ。

それから先は、ウクレレと言う可愛い人生のパートナーを得たのと同じですから、貴方の日々の生活を豊かに彩り、音楽を愉しめる癒しの毎日をサポートしてくれますからね。

 ウクレレの奏法には「弾き語り」と「ソロ弾き」の二種類があります。

 弾き語り ―  歌いながらウクレレで伴奏する )  初級 ・ 中級

( ソロ弾き ―  歌わないで楽譜を読みながらメロディーを奏でる ) 中級 ・上級

このウクレレ・フレンズクラブでは初心者を対象にしていますから弾き語りと言うスタイルのウクレレ奏法を推奨しています。

何故ならば、指の神経を動かして弾き、脳を使って歌詞やコードを読み、そして歌うという、言わば「脳トレ効果」にもなって健康的に良いと言うことと、みんなで楽しく歌うことでコミュニケーションも潤って精神衛生上とても良い雰囲気の時間が過ごせるからです。

ですから、上達に併せてウクレレを弾くことにだけに専念していた神経を少しづつ歌う方にも気を配って、大きな声で元気に歌って体の中から爽快感を味わって頂きたいと思います。

それから・・・ 言っておきますけど 、 ウクレレを楽しく上手に弾けるようになりたいと思っている方は、ウクレレ教室の時だけ思い出したようにケースから出して弾いていても、決して気持ちよく奏でながら歌えるというようには何年経ってもなりませんからね・・・!!

ウクレレは、家ではケースから出していつでも弾けるように手近に置いて仲良く触れ合うように心がけましょう。 ケースに入れるのは外に持ち出す時だけにしましょう。

「自分はちっとも上手くならないな~?」 なんて思っている方は、私の心のこもったテキストを1曲3回づつ、じっくり時間をかけて、4本の弦のハーモニー感を愉しみながらウクレレと遊んでいるような気分で弾いてやってください。 そして早く、ウクレレを奏でる幸せを感じてくださいね。 (笑顔)

Good  Luck!  KEIRI

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です